Recent Trackbacks

« すぐに日が経つ | Main | 始まり。ROAD TO 2006 »

代表戦

週末はサッカーでした。
土曜日に いわゆる「A」代表といわれる「ジーコジャパン」をわざわざ鹿島までいってみてかなり疲れ果て、日曜日に極寒の中ではあったけど埼玉に「U23」のオリンピック代表「山本ジャパン」をみて「サッカーって楽しい」と思った。

ヨーロッパ組といわれる海外移籍のメンバーを欠く「A代表」は人気もジーコのやる気もないという感じがバリバリでマレーシアに4-0で快勝した。戦術も対策もないままただスポンサーのために日本にいる「ジーコの知らないスタッフが押してる選手をジーコが見る」という試合の目的かの様に怪我人、出場停止以外の人を4人.4人、計8人満遍なく交代させるという未だかつて無い使い方をしてよりいっそう「考えなしな試合」だった事を露呈した。
ただ、そうなることはある程度予測出来た事であって、文句はいえない。まあ今回の目的はワールドカップの時に改装された鹿島スタジアムを観るという事が目的の80%を超えるのだとおもえば何も不足はなくなる。

すばらしいのだ。
スタジアムは。知人がバック2階の最上階だったので見学にいった。そこは私達の1階の通路沿い前から14番目のサイドラインが手摺とかぶり逆サイドが遠くに見えるところよりも数段見やすい俯瞰。サッカー専用で最上階はサイドラインとその手前の芝で丁度見切れるところまでみえる。選手をかぶりつきで観たい人には遠いけれど、試合の全体を観るにはかなりいい。傾斜もすごい。次の日の埼玉スタジアムと同じ傾斜だと聞いていたけどこちらのほう「壁」のように座席はそびえている。屋根のかけ方は本当にFIFAの基準をみたしたのかどうかは疑問。以前の屋根をそのまま持ち上げた感じで 高価な席でも前の方は1階も2階も半分以上は雨には濡れると思う。屋根が浅いのであ
る。基準は1/2以上だったかな?食べ物は充実。スタジアム内「屋台村」のようにモツ煮込みや豚汁、肉マンなどが安く暖かく旨く、たくさんあり、長蛇の列までいかずに買える。試合以外のチェックは本当に理想に近いスタジアムうらやまし、くやしい環境でした。
くやしというのは、確かに地域に根ざすサッカー文化を目指してという点では、Jリーグの優等生の鹿島では有るけど 代表戦でありながらあまりに「鹿島」よりな印象が濃く他チームのサポーターとしては不快な印象が残り、排他的な環境が残るそこの地域のスタジアムがナショナルスポーツであるサッカーを1番わかっている感じに設計されてるすばらしいスタジアムである事と感じられる事がくやしい。

サポーターの応援コールも鹿島の選手とジーコ以外はほとんどしないし、鹿島の選手以外の得点の時の発表の遅さといったらまるでアウエーの選手のゴールのように「名前を確認してる」としか思えない「間」があった。1点目の小笠原のゴールは「待ってました!」と言わんばかりの祝福コールなのに2点目の宮本のゴールは(しかもこの日は宮本のバースデー)静かにプレイオンとなり観ていた一同「ええ!アナウンス無し?」と吃驚。まあその後にかなりおいて地味にアナウンスはされてましたが。
動かないと評判のジーコの8人交代もスタメンから残ったのは小笠原と本山と遠藤。唯一鹿島の選手がいてほしい人材として残った遠藤以外はヨーロッパ組なきこの試合はU23から奪った坪井や茂庭などスタッフが選んだ見てない良いと言われる選手を出してみて はじめてプレーを観ると言う感じを拭えないポジション総とっかえ。

ジーコは鹿島は知ってるけど日本は知らない。サッカーをするのは好きだけど見るのはどっちでもいい。と前々から思っていた事がいっそう感じた鹿島詣出でした。代表戦にしては観客動因が少なかったせいか、帰りも渋滞も少なく、終電がないであろうと言う事でうちに宿泊予定だった友人も楽々一本前の電車で帰路につきました。リーグ戦より混んでないかったそうだ。

さて次の日。
U23は山本監督。選手の使い方新しく入った平山や闘莉王をおりまぜ、試したい選手やオプションなど明解なビジョンがみえ失敗も成功も含め非常に良い試合となり、結果は引き分けでしたが ああ、サッカーって楽しい と思ったものでした。観客も前日よりも少なかったけど、これは見に来ないでみんな損したよ〜といいたい試合でした。

これから始まるサッカーツアー。代表戦はちょっと時間的無駄が多すぎるので考えようかと思います。
(けどすでに2月中はいきますけど。(^^;)

« すぐに日が経つ | Main | 始まり。ROAD TO 2006 »

けりもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/179573

Listed below are links to weblogs that reference 代表戦:

« すぐに日が経つ | Main | 始まり。ROAD TO 2006 »

September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ