Recent Trackbacks

« February 2004 | Main | April 2004 »

March 2004

U-19 0-1負け

昨日も国立に行った。
アテネ行きのチケットをゲットした人たちの
弟分の親善試合の日韓戦だ。

試合は雨上がりのピッチで平日の夜、こんな試合は
あの本気の試合の後でさぞかしガラガラだろうと思いきや
キックオフ90分前に「ギャル」でメインの前段はいっぱいだった。

「平山〜〜!」「カレン〜〜〜」「たつや〜〜〜!」
とまるでジャニーズの会のようである
(本物のはもっと凄いとは思いますが)
なんでこんなに学生さん達が、、と『?』な私は
やはり学生かかなり遠ざかってるんだなあと
しみじみ思った。世間は春休みにはいっていたのだ。

平山は飛び級的にU23で先週まで試合にでていたので
一般的にアイドルとなり、ギャル的にはイケメン
そろいのこの世代、人気度はなかなかなのである、、が。

内容は寒かった。
大熊監督の意図は何なのか、私にはあまり良く解らなかった。
コーチングエリアから大声で指示するも今一つ納得した相槌を
返してるとは思えず、選手に伝わってないのデはないかと思った。

間延びした中盤はことごとく相手にとられて危険な場面とる。
4人DF登録ながらDF中村北斗のポジションは
ほぼ3トップの右サイドに固定された感じで3-3-4の要な時も。
なのだけど相手が4バックなので丸でマンツーマンプラス
相手の囲い込みにあってなかなか超攻撃な感じがしなかった。

まだまだこれからやね。
この世代の中に入れると、本当に平山が際立って旨い事も感じた。
器用そうではないのだけど ポスト トラップ ポジションが
抜群。ひきかえ高校選手権では女子に人気のカレン 増島らは
普通にあの世代としてはまあまあ旨いといレベルに感じた。
見せ場は作るが連係してない。ボールの落とし所を考えてない、
技術があらい、、などなど。

まあこれからどう化けるのか、はたまたダメになるのかは
本人次第なので頑張ってほしいと思う次第であります。

後半、先制されてから増嶋をトップにあげるという
まるで「J2」ちっくなパワープレーをもってきた。
熊さんこれは本意ですか?

上はずっと「谷間」の世代といわれていたけど
上手い選手はかなりいて あとはまとめ役だと思っていた結果、
良い補強と押上ができ良いチームになって本番を目指す事になれた。

で、この世代。派手ではあるがなんだかここが実は谷間かも知れないと
思った極寒の国立でありました。考え過ぎかな。 

終了時なんだか苦い思いで国立を後にしました。


 

アテネ!

昨日は雨。
久々の雨は日本に味方した。
アテネオリンピック予選日本ラウンド最終戦。
日本 VS UAE

結果は3-0の快勝。
しかし、久々のドキドキでした。
日本ラウンド初戦バーレーンに負け、そんなはずは!と
思っていた。

バーレーンはなりふりかまわず日本を倒すために
対策をして勝ったのだ。

UAEは良いチームではあったけどまだ発展途上で
自分達の現代サッカーを全うして日本に破れた。

どちらが正しいとかはないけど、その時期その人材に
あった手段はあると思う。

闇雲に「自由」をとなえてもチームプレイなサッカーは
方向を見失うだけだと思う。>ジーコさん。

とてもうれしい夜だった。乾杯。
私も手を抜かずに、明日のために頑張るよ!

自分の時間

ピンで仕事をはじめてから、最初の1年は
めちゃくちゃ働いていた。でも何も観ていなかった。
感激する事や 美しいものとか考えの方向とか
それまでの貯金で応用を効かせて反応していた。
それなりに評価は得ていたものの、なんだか
ずるいような気がして、見る事に時間をかけて
分析して惚れ込んでやろうと思ったら仕事の
流れが変わった。

会社を辞めてもっとサッカーが見られるのでは
ないかとか旅行にふらっといかれるのではないかと
かなり期待していたのだけど、
それにはかなりの信頼と自己管理が必要で
コントロールしないと何時までたっても
思う存分楽しめないこともわかった。

自分の時間があって、ない。
 なんじゃりゃ。


オリンピック予選 3/14 VSバーレーン

声はずいぶん出るようになったが試合には負けた。
セントラル方式での日本ラウンド、埼玉スタジアム。
UAEラウンドでは引き分け、まだまだ試練は続く。
最近力をつけてきた中東勢は相変わらず日本が苦手な
戦い方を得意としてしつこく引いて引いてカウンターを
くり返す。わかっちゃいるけど苦手なのだ。

そして前半、私も含めほぼほとんどのサポーターが
期待し、頼りにしていた闘莉王が太股の違和感で退場。
嫌な空気が滲み湧いてくる。

昨日、Jリーグ開幕でJ1から降格してきた仙台に
我、横浜FCは4-0とホーム三つ沢で大勝ちして
御機嫌な週末の次の日、気合いの入れ替えを
強要されたような「負け」。

Kick off後、ホイッスルが響いた後、
もう時間は止まらない。戻らない。
流れは自分達で作らないといけないし、
悪い流れは自分達で押し戻さなければなない。

どうかこの負けを乗り越えてアテネにいかれますように。
試練は乗り越えられるものだけに与えられると
信じているけれど、一方、未熟なものに身の程を知らせる
手段でもある。(<誰の?(^^;)

今日はサポーターは試合終了後、ブーイングでなく、
頑張れ!とエールを送った。
サポーターも今日の負けを受け止めて
次へ行こうと前を向いている。

勝ち点7で日本、UAE、バーレーンが並んだ。
得失点差でまだ日本が1位だ。

良い試合を。期待してます。
それと闘莉王の復帰を心から祈ります。

仕事は一段落。
と思ったら、風邪を引いた。
危ないなと思った時に強めの薬と
ユンケルでこの冬1回も風邪を引かないですんだのは
なんか落ちがあるなと思ったけど、こんなことだとは。

全く声が出ない。
はじめのころは咽がいたかったし「それふう」な
感じでいたのだけど、だんだん症状が軽くなり
熱もないのに声だけが出ない。

展示会の終了後打ち上げをして
酔っぱらって帰宅し次の日ゼロックス
スーパーカップみて、イタリアンレストラン「カメレオン」
の3周年に無理矢理いってサクっと帰って来てから。
細かくはカメレオンあのたりから。

がんがんに薬とユンケルを飲んであったかくして
くるまってたので熱は引いたが声は出ない。

やばいかな〜〜と近所の内科にいったら
炎症が声帯まで行ってるので見えないから
薬は出しておきますがなんでしたら
耳鼻科に行って下さいといわれた。
なんだそれならはじめからそうすれば良かった。
とおもいつつ、うちに帰って寝た。

次の日も元気だが声が出ない。ので
耳鼻科にいった。以前すんでいた経堂の耳鼻科で
信頼できる先生がいる。

3〜4日すれば治るとのこと。
はじめからくればよかった。

Jリーグ開幕は間近なのだ。

« February 2004 | Main | April 2004 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ