Recent Trackbacks

« 宇都宮遠征 | Main | 再会 »

カモ日本

サッカーの事ではないです。
これがストライクする人とはJリーグ10年を
語り合えるかも知れないけど今回は違います。

話はイラクの人質の事です。
イラクで人質になった3人に象徴される日本の
ポジション。「カモ」です。日本をえさに
アメリカと取り引きをしてるのです。

「国民が危険なので一旦引き上げます。」
と言う事がなぜ「必要無い」のか。>小泉さん。
それはこの機会に「日本はアメリカの事を本当に
信頼してる国です」というアピールの良いチャンスだから
ではないですか。

経済的にも支援ができる日本が撤退することは
イラクにとっては損な事だと思う。でもそうやって
外堀を崩していくことしかアメリカの侵略を防ぐ方法
が無いと判断したのでしょう。

アメリカは彼等の宗教上の聖地をけがしたという。
勿論アメリカにとっては何の価値も基準も無く、
現地では情報のままにはいりこみ、支援だと言う。

いままで戦争していた国に武装して入り込み
「支援で来た」といったって信用する方がおかしい。
危険と日々隣り合わせでいたら知らない人はまず疑う
でしょう。身を守る本能。

だからそこに丸腰でいけ、というのではない。
ほっておいて良いと言う事も思わない。

今、そこに居座って「支援」し続ける必要があるのか
という事です。この件、多分アメリカは助けてくれません。
助ける理由が無いのです。直接的被害ではないのですから。

反対が世の中の半分くらいあった中で強引に自衛隊派遣を
決行した手前、引き上げる事が政治的敗北を意味する恐れ
あるであろう事もわかるけど、政治的思惑のために命を犠牲に
した結果と、思惑をも捨てて人が助かった結果とどちらが
人間的に「勝ち/価値」であるかを考えてほしい。

戦う事になれて無い日本は簡単に捕まるし、日本とアメリカの
距離と立場を考えれば、本当にいい「カモ」です。
しかも人質は自衛隊員では無く民間人。
偶然なのか作戦なのかはわからない。でも捕らえられてる
人たちは何の抵抗も無く捕まったのだと思う。
そして取り引き材料にされた。

取り引き内容は「金をよこせ」とか「ビル爆破」とかではなく
「撤収」。できない事ではない。
でもこの取り引きは裏が無ければ簡単に答えが出る。
そこです。日本の「カモ」具合は。
ここで居残る事は「支援で来た」とはいうものの、
やっぱりアメリカの手下だった、ということの証拠。

撤収ならば「支援なので危ういから引き上げる」
平和の支援なので 意地を張って居座り、おせっかいで
命を危険にさらす必要は無いという自国判断ができる証。

アメリカと日本の関係を探ってる、そんなリトマス試験
紙的な策なのではないか?

カモ日本、と思われないように、独立できるチャンス
でもあるのですよ。

« 宇都宮遠征 | Main | 再会 »

日々是戯言 」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/416143

Listed below are links to weblogs that reference カモ日本:

« 宇都宮遠征 | Main | 再会 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ