Recent Trackbacks

« 相手をつぶすということと、自分を生かすということ。 | Main | サッカーのない日々だけど、、、。 »

ため息のEURO2004

終わってしまった。

まだまだと思いながら決勝トーナメントの半分位からみた。
生活のリズムはまるでEUROをみてるような劇的な忙しさ
だったので朝ダイジェストをみて仮眠する毎日だった。

ギリシャ優勝。
この事実はかなりくるものがあった。
私の愛する、スペイン、絶対のフランス、華麗なチェコそして
ホームのポルトガルを破っての勝利。

戦術は「堅守」
イタリアの「ファンタジー」スパイスいりではない。
「ゲルマン魂」のはいった熟成もの。

選手一人一人が、やるべきことするべき判断をさぼらず
ぬかりなく、くりかえす。

象徴的なのはチェコへの先制とポルトガルへの先制点。
夜中だったせいもあって、「ん?これは今昨日なの?」と
時間が戻ったようなおなじピッチサイドの同じセットプレイ。

そうなのだ。ギリシャは高度なタフな繰り返しをさぼらずできる。
信頼があり、流れを読む力が一致しているのだ。

それ故に可能な「堅守」
切り替えにこぼれることなく、あのべたつかれの中で
「オフサイドトラップ」
最後まで切れない「マンマーク。」
セオリー通りの「ダブルチーム」

ポルトガルはそれでも「抜いていた」し「パスもとおっていた」
美しいパスまわし、スピードにドキドキした。
だけどそのとき、いつも一人だった。

サッカーはより得点をし、スペクタクルに、ファンタジックに、
あってこそ、勝利にふさわしい、、、と求めて、それがサッカーの
進む未来だと思っていた。

でも、このEUROで強く感じたのは、サッカーは
「チームを作ること」

古いも新しいもない。
そのスタイルは戦術として選択肢としてずっと存在し
ていくのだ。対照的なチームとばかり対戦してきたギリシャは
勝ち続け、優勝。
唯一の負けはパワープレーになりがちになったロシアとの試合
のみ。怒濤の攻めの相手にドン引きで守る戦術、、、と
切るにはあまりある高いデフェンスライン。「堅守」
勝利をつかむためのやむをえない戦術ではなく、
やるべきサッカー。ただ、個人的ファンタジーとしては
そのチーム力で「ファンタジー」を選択してほしかった、、
というのは好みの問題か。

試合前にポルトガルのフェリベ監督は
「ギリシャの勝るところは組織力だ」(だったとおもう)
確かに勝っていた。
ギリシャの監督は「失うものはなにもない」
まさしく失ったものはない。

いい試合だった。は〜〜〜〜。終わった。

たのしかった。

« 相手をつぶすということと、自分を生かすということ。 | Main | サッカーのない日々だけど、、、。 »

けりもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/909565

Listed below are links to weblogs that reference ため息のEURO2004:

» サッカー短冊 [29歳のフットボール]
明日は七夕です 1年に1度 織姫が彦星に会えるロマンチックな夜は願いが叶うとされ [Read More]

« 相手をつぶすということと、自分を生かすということ。 | Main | サッカーのない日々だけど、、、。 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ