Recent Trackbacks

« アントラーズvsバレンシア(気になったこと。) | Main | 中国のサッカー観戦者のこと。 »

決勝。アジアカップ

本当に行きたかった。
超アウエーの北京はそれはそれは楽しそうだった。ホームよりとも思える審判、観客のブーイング、すべてが面白さを増幅する要因なだけである。サッカーの楽しさは生が一番。

はじめは俊輔のファーよりのFKを鈴木が返したのを戻りながらの下に叩き付けるヘッドで福西がゴ−ル。0-1
そのあと、ちょっと上がりが遅くなってきたところで、フリーにあがってきた中国選手に一点返される。1-1
そのまま前半終了。

後半。日本はメンバーも代えずアップもせず、しばらく硬直状態が続く。
そして、godhandと抗議のあった中田コウちゃんのおしこみゴール。これは本当にハンド臭かったけど、体に腕がそっていたのでそんな判定かなと。なにより、審判がそのままにした。それまで、ホームよりの香りぷんぷんだった審判のレベルがよくわかった。要はみてなかったのだ。目の前で日本がファールされても流されることが多かったのに、あれをハンドにしない訳が無い。多分。みていたら、おなかかハンドか不明だったらハンドになっていたでしょう。というわけで ゴールとして1-2
そして、だめ押し。見た目もさわやかな玉田の飛び出しにより、キーパーと1対1になったのをさらにかわしてだめ押しの1-3。これは俊輔のロングな展開。これは前がかりにラインを浅くしてる中国のリスクの部分だからしかたない。そこを日本がぬかりなく、さぼらず、走って得点しただけのこと。

ここでふと思った。体の大きさや、強さに優れる中国が選んだのはフラット4。そしてその動きはオートマティック。失点。これって、トルシエジャパンが失点したパターンではないか?トルシエは言葉的にはフラット3だけど、未成熟なオートマチックは失点のリスクを負う。
確かに日本はよく網にかかった。鈴木はオフサイドを良くとられていた。いたけれど、、、。
玉田のはやさとタイミングが優れていたのもあるし、それをねらって出した俊輔の精度高いパスとスピードと視野の広さと判断力が勝っていた。個人の力ではあるけど、お互いの気持ちがあった瞬間だった。
それは今までの成果なのか、個人の力なのかはちょっとなんともいえない。

そしてロスタイム3分を終了して優勝となった。おめでとう!楽しかった。

終了後の感想として、対戦相手のレベルを考えると、やはりイランが一番。次にバーレーンヨルダンと中国がタイプは違うが同じくらいかな。とにかく、バーレーンはいいチームだった。イランはうまかった。

サポーターについてはまた別枠で書こうと思いますが、多分サッカー観戦度の未成熟加減があのブーイングをいわせてるのでは無いかと思います。中国も決して変なサボリや汚い試合をしていた訳ではなかったし、時間が早く感じられるいい試合だった。なのに、試合が終了する間際でどんどん帰りだし、終了時では映像でみる限りはすでに50%くらいしかいない。つまり、あんなに頑張った選手を見届けてやらないのは、サッカーのサポーターではなく、ただの反日感情で対戦を見に来たのであのブーイングだったのではないかと思う訳です。(内容が『金返せ』だった場合は別ですが)

ともあれ、やはり、本気のアウエーは楽しかった、、、でありました。
完全に認めた訳ではないですが、この試合の後であれほどうれしそうなジーコをのコメントを聞くとおめでとうをいいたくはなります。

優勝おめでとう!>ジャパン!!(^^;)

« アントラーズvsバレンシア(気になったこと。) | Main | 中国のサッカー観戦者のこと。 »

けりもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/1146501

Listed below are links to weblogs that reference 決勝。アジアカップ:

« アントラーズvsバレンシア(気になったこと。) | Main | 中国のサッカー観戦者のこと。 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ