Recent Trackbacks

« 勝利!福岡VS横浜FC | Main | 山瀬の人生 »

野球スト

以前でも書きました、プロ野球の合併から派生して社会問題にまでなってる(マスコミの取り扱いが常に一面)の選手の対抗手段。ですが、なんだか冷たいようだけど野球をやらないストライキが効果的なのだろうかというのは疑問に思っています。

経営不振になったが故の企業同士の合併商談。よくある事で経営者同士の合意があれば履行される。以前におこったプロスポーツチームの合併話として、横浜フリューゲルスの場合の問題は、本当はプロサッカーの試合を興行して収益を得て運営していくという独立した事業としての登録なはずなのに、親会社(メインスポンサー)から脱却できないでいた運営人の水面下の工作によって、「合併」という名の「消滅」を履行された事にある。当時はプロサッカーの理念というより、プロ野球の運営と同じような気分で人気スポーツバブルに乗っかった運営会社の経営怠慢と勘違いなやりくりが生んだ悲しい結末だった。経営陣の頭がプロ野球経営だったのだ。(と言い切る私はプロ野球嫌い。何故嫌いかという事はまたの機会にして、プロ野球の経営の事について。)もともとプロ野球はオーナーの持ち物である、、という昔ながらの習慣があり、その経営は子会社。フランチャイズで遠くに行ったり、きり売りされたりしてきた過去がある。だからといってはなんですが、プロ野球チームはの世界では「合併」はあり得る選択肢にあげられるのではないかと思う。(そうゆう感覚が野球経営という事でまず嫌いなところ。ただ、それを応援し続けてるファンのやるせない気持ちはよ〜〜〜〜〜〜〜〜くわかるつもりです。)だからむしろ合併とか曖昧にしないで、消滅とか、ちゃん吸収といってもらった方が覚悟が出来る。事実横浜フリューゲルスはあの時点で消滅したとおもってるし、Fマリノスの「F」はこちらスポンサー会社からあちら会社への単に手みやげにすぎず、生き残ってなんかしいない。(選手がよりどりみどりですよっていう約束)

ちょっと話が別の私の叫びになってしまいましたが(^^;)、ストライキの話に戻すとプロ野球選手が要求してることも、オーナーがプロ野球界をどうしていこうとしてることなのかもなんだかわからなくなってます。どちらも、相手の解決策なく、訴えのみを叫んで、実力行使にでているような、、。プロ野球がいまの選手雇用気分体制を変えない限りはオーナーの方針に賛同した人が次期契約を結ぶということになるのではないでしょうか?いやなら海外に行くとか。
野球が身に付いていないわたしは、週末に野球が無くてもなにひとつ寂しくないし、テレビ番組も時間変更が無いので非常に普通にすごせます。冷たいかな。。

ただうらやましいのは、この事件が発覚したとき、「球団買います」といって名乗りを上げた企業がいること。まあ、フリューゲルス以降はJリーグでも楽天さんとか、テンコウさんとかうまく乗り変わってる例もあり、あの時そうやって名乗りを上げてくれるところがあったなら、消滅は無かったかもなあ、、、と遠い目であります。まあ一方で親会社の合併を履行するにあたり、チャチャが入らないように策略していたという事も聞きますが定かではないのでこの辺で。。。

果たして今回の「オーナー連合vs選手会」という、対立がどうゆう結末を迎えるのかは興味の範囲であります。日本のプロ野球界が変わるきっかけになるのか、単なる勝ち負けで終わるのか、。。。

« 勝利!福岡VS横浜FC | Main | 山瀬の人生 »

日々是戯言 」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/1475359

Listed below are links to weblogs that reference 野球スト:

» プロ野球合併とサッカー合併 [気になったこと日記]
野球と言えばイチロー、野茂くらいにしか興味のない私。なので今回のストライキについても情報も持ってないし、ニュースすら見てないけれど。 サッカーファンが比較するの... [Read More]

« 勝利!福岡VS横浜FC | Main | 山瀬の人生 »

September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ