Recent Trackbacks

« 開幕ダブルヘッダー | Main | 丹下健三さん死去。 »

ホーム引き分け開幕

第二節、ホーム三ツ沢。幸平がいる山形を迎えての開幕。昨年度、山形の攻撃は我々に脅威を与えていた。ただ今期はその攻撃の要とも言えた大島と星が移籍.でも、うちのスターだった幸平がいってしまった。

もちろん、選手紹介では幸平はブーイングで迎えられた。でもこのブーイングってある意味、大歓迎の印。あ〜幸平今からでも遅くないよ。もどってくれよ〜。てな泣き言は容赦なく、がんがんと元気な幸平はつっこんでくる。マッチアップは信義。信義か〜〜。。平塚戦は怪我のためお休みだったとか聞くけど、去年の様子を見るともう駄目かなってくらいにさぼってたので期待はしなかった。のだが。

スタメンは DF  おやじ 山尾 早川 一樹     MF 大友 冨永 ウッチー 信義   FW シルビオ 城 GKは菅野
前節と随分スタメンをいじってきた。

ゲームに入るとあいかわらず、冨永はなじんでないのだけど、信義の印象が随分違う。相手に幸平がいるせいなのか、気持ちのモチベーションなのか、接触プレーを怖がらないでガンガン行く。まだ寒い時期だからなのか? 前節の監督が『先制されて開幕の固さもあり、自分のサッカーが出来なかった」とかなんとか言うコメントに『ジーコイズム」を感じてなんだか気分が悪かった我々だったけど(^^;)2節は意外に整備されてきた..と思った。

前半い〜〜〜ところで幸平のサイドの上がりの抜けたところで出したセンタリングに原が反応して絵に描いたような一点を献上してしまったけど、そのシーン以外は山形は何も出来てない感じで、シュート数もうちの方が上だと思った。だけどサッカーは、その一瞬で勝負が来まる。

なんだかな〜〜〜と言う感じで後半を迎える。
前半から思ったのだけど、前節途中出場であまりアピール時間がなかった新人シルビオの動きは城の仕事をしやすくしてるように思った。ジェフの場合、トップに張るタイプだけど意外にヘディングのポイントがオールと合わなくて(^^;)うまくポストになりにくい。その時の城の役は動き回ってボールを受けたり、スペースに飛びだしたり、つまりは動き役なんだけど、それは本来得意なスタイルで無いようにおもわれ、今回コンビのシルビオは本当のポジションはMFの1.5列目と言われてるらしく、動きダシの一歩と一歩の出方が独特のタイミングで早い。タイプの違うFWとしていい感じでお互いをフォロできてる感じがする 今節の収穫。

後半交代した吉武が結局ゴールして、引き分けで終了。初の勝ち点一。
前節さんざんだった辛い思い出からすると数段良いんだけど、全s熱を基準にしたらしょーもないので、ホームからの始まりを基準に考えようと思う。実際に、足達監督のしようとしてる細かいサッカーコンセプトが垣間見えたゲームだったように感じたし。
次節はアウエー。発展を遠くより祈る。

« 開幕ダブルヘッダー | Main | 丹下健三さん死去。 »

ひかりもの 」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/3316325

Listed below are links to weblogs that reference ホーム引き分け開幕:

« 開幕ダブルヘッダー | Main | 丹下健三さん死去。 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ