Recent Trackbacks

« 丹下健三さん死去。 | Main | 横浜FCvs一年生草津。(^^) »

日本vsイランonTV(いまさら)

最難関であり、負けてしまった。というのは想定内のことです。いつものごとくノープランで人選していく、『自由』な日本代表は、力づくで負けていく。そうゆう戦術なのだから想定内なんですね。『負け』は。イランの右サイドの攻撃はかなり高く、熱く、早く、個人技という点でまけです。それをどう打開していくかというのが作戦であるわけで、チームの方向性であり、強さになるのですね。

能力はあっても短期間で策をまとめていかなくては、考え事をしてるだけで時間は過ぎてしまいます。そのときにベストコンディションの必要なところに必要な選手というのは当たり前ですが、そこで何に向かってどうして行くのかという方向性を決めていくのが、すなわち監督。さてジーコは。。。。。

1点目はフリーキックからの混戦で事故に近い形だから、下を向く必要は無い。ただもうちょっと。この時程 ジーコに運があれば はいらなくてすんだかもしれなかった。同点弾はすばらしかった。ただ、その前の交代で柳沢が入った事は誰もが驚いたことだと思った。海外リーグ2部の彼の調子をどこで判断して、代表格として選択したのか。これって、国内組のモチベーション低下につながるとかって考えなかったのだろうか?それでもアシストがついてしまった事が彼(柳沢)の能力と運の強さとなり、交代を間違いでなかった事につなげられたのは良かったのか、将来的に悪かったのか。しかも、ハンド臭かった(^^;)
そして最後に負け越し点。これで楢崎のバーレーン戦はなくなったでしょう。ただ今回の起用も実は能活が骨折なための代替えだから いずれにしても交代だったと思うけど、ちゃんとした理由が出来た。

トルシエがベストとは言わない。でも、トルシエの先には余裕のある、『自由』な発想がチーム力として持てたかもしれない。ジーコ流でも確かに自由は能力別に発展するかもしれないけど、時間もかかり、チーム力に短期間で成長させるには不向き。

アジアカップで負け無かった理由は、ずっと同じチームでし合いをしたから。試合の中で、選手同士のフィットが生まれてきたから。

ブラジル代表のように個人の能力だけに期待をしてたら、勝つ事に時間がかかる。

選手はそれぞれ腕を磨いている。それぞれプロで、それぞれ考えがある。みんなよかれと思ってプレーする。
そのベクトルが違う方向でいたならば、個々以上の力は生まれない。

次回日本ホームのバーレーン戦。
遠方の帰宅の日本VS近隣旅行者のバーレーン。
困難を切り抜ける能力はそれぞれのやり方があって、経験がものを言う。
ジーコはすばらしいプレーヤだった。ピッチの中では。
でもね、ジーコはピッチの中にはいないんですよね。ジーコに指揮者になってほしいんですよ。

« 丹下健三さん死去。 | Main | 横浜FCvs一年生草津。(^^) »

けりもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/3467413

Listed below are links to weblogs that reference 日本vsイランonTV(いまさら):

« 丹下健三さん死去。 | Main | 横浜FCvs一年生草津。(^^) »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ