Recent Trackbacks

« イタリアかよ! | Main | VIVA JAPAN たとえ破れようとも!なのだ。06/20-2 »

VIVA JAPAN たとえ破れようとも!なのだ。06/20-1

そろそろ書きますか(^^)
既にかすれかけてますが。

その後、カイザースラウテルンで夜ついて飯食ったとこまででしたね。
次の日。それはそれは、爽やかなドイツの夜明けでした。すばらしい朝食を食べて午前中は仕事の連絡関係をして、(6時間遅れてるので朝は日本のお昼。丁度いいのだ)一息。その間ルームクリーニングが3回くるけど断って邁進(^^;)

そのホテルはバルバロッサホテルといって街道沿いにあり、その街道もバルバロッサ。古いホテルで公園の一角のようだと知る。10分くらいいったところでスタジアムへのシャトルバスがでてるという。近くに街までいく普通のバス停があるので、下見。やはり時間を確認していた初老の日本人男性としばし話す。定年退職後のご夫婦の旅で日本戦はみないけどあれこれ裏メニューチケットはとれたのでいくとのこと。うらやましいなあ。

ホテルを13時頃でて、町中へ。
キックオフは21時なのでそれまでお祭りを楽しもうということです。
スタジアムから一直線の通りがFAN streetになっていて、そらもう大騒ぎ。スウエーデンに引き分けたT&Tの検討ぶりが高感度アップに着き完全にT&Tホームのように通りはT&Tの旗を掲げたり撒いたりしてる人で盛り上がる。きれいな羽飾り出来飾ったT&Tサポはもう陽気。 Imgp4331
Imgp4332_1 Imgp4333_1 Imgp4334_1




日本が滞在した時も、こんな風に楽しい空気だったのだろうか?
Imgp4339 Imgp4340



とさか屋。とてもまじめそうな男の子がお母さんにすすめられて、とさか作ってました。お店の兄ちゃんも、カッコは凄いけど、まじめにセットアップ。ドイツってまじめに過激なのね。

200Mくらいの通りの中にハイビジョンパブリックビューイングがあり、そこでドイツ戦鑑賞。この時間からすごく暑くなってきてテントの日陰でビール。ビールはカップ代がONされていて返却すると1ユーロ。(大きさにもよる)だから、捨て散らかす事なんかない。効率的。

そこから離れてスタジアム方面に移動。で、スタジアムの公園に入る直前に大きなオーロラビジョンのパブリックビューイングでドイツサポは大盛り上がり。
Imgp4344 Imgp4342 Imgp4343 Imgp4347 Imgp4348



その近くにここに来る国の旗が掲げられていました。小さい街なのに結構来るのね。

そろそろいった方が良いかな、、という感じですぐそこに見えるスタジアムに向かったのですが、、もうそれは巡礼のような丘の上でありました。 Imgp4351Imgp4352





私の席はカテ1のグリーンで、なんとバックスタンド最上階。かなりの傾斜です
Imgp4356 Imgp4358 Imgp4362 Imgp4361 Imgp4364



ちっさいね。でも私的には全体見えるのでOKです。生まれて初めてフェイスペインティングしちゃいました。

« イタリアかよ! | Main | VIVA JAPAN たとえ破れようとも!なのだ。06/20-2 »

ワールドカップ2006」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/10973601

Listed below are links to weblogs that reference VIVA JAPAN たとえ破れようとも!なのだ。06/20-1:

« イタリアかよ! | Main | VIVA JAPAN たとえ破れようとも!なのだ。06/20-2 »

September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ