Recent Trackbacks

« FOOTな週末 2 | Main | 2006 TDW 始まり。 »

第47節 当事者

日立台 超アウエー。私の大好物である。
この時期、このシュチュエイションで、晴れた秋の日立台、こんな日が生きてるうちに迎えられるなんて、、、。ドキドキの大舞台です。


061028_1349




黄色いです。

061028_1350




アウエーもいっぱい

061028_1358_1












なぜか肌色隊(脱いでる)

061028_1401

試合前の黄色いやつ。ガズダンスで挑発


昨日神戸が引き分けたため、現在追いかける我々は勝てば首位、負けても未だ2位、引きわても2位という、非常に優位な試合条件を設定して、乗り込んだ。

ここに来るのは、、、そう、ストイチコフをみにいて以来。
(顔入りのTシャツは人にあげてしまいました)

先発には城、カズ、うっちー、素さん、ルイス、トモキチ、なかじ、ヨンデ、明けの早川、小村 神菅野。

柏のマスコットの黄色いやつが試合前に挑発にくる。あたまでっかちのカズダンス。でも、20Mくらいまでしか近づけない。もっとこいよ〜〜。ドーレ君は旗でつつかれるくらい近くにきたぞ。

キックオフ後は、しっかり網を張ってこぼれ球にも対応できる良いペース。攻めてる風味の時間帯、、だとおもったけど、セットプレーから先取点献上。う===むここはアウエー、本日の主審は岡田さん。守りに特徴の横浜(そうなのか?)は本当は我慢の時間。だけど、最初から飛ばして行く。カズも、城も、前からのディフェンスの姿勢。でしたが、悔しくも、岡山に。岡山劇場なんかみたくないぜ。前半追いつきたい。。というサポの応援に素敵なルイスのゴールは前半ぎりぎりにきた。右サイドでボールを独り占めして、よくわかんないけど、中に折り返し、素さん経由のカズ?で、戻って、ルイス。流れるような美しい、ゴール。いくぜJ1のおいつき。

うちは、得点源のアレモンは、サブで待ち構え。これは怪我の調子の理由の控えなのか、隠しダマなのかは不明。でもカズがかなり飛ばしてるところをみると、お約束が出来ていた模様。

先方もエレベーターボーイの山下とディエゴの脅威はあるけどさらに、フランサをひかえにする。。う〜〜む。

後半、メンバー変わらず、硬直.先に勝負にいったのは高木。行くとこまで行ってくれたカズを得点源のアレモンに交代。でも徐々に攻められだす。流れは柏。ここが我慢だ、といってたところで、ディエゴ倒れてPK。神菅野は手を広げて無実をアピールするけど駄目。遠くてよくわかんない。この日は神は降臨せず、難なく、一点献上。まあ、PKだかんね。じゃんけんと一緒。ところが、これでちょっと天使がとおる。石崎さんも、勝負。山下をフランサに。メンバーチェンジとかなんとか、気が散る感じの白い空気の中、サイドに振られて、追う事も出来ないくらい鮮やかに2分後にまたもディエゴ。一瞬沈黙。菅野の後ろの黄色い壁が揺れる。まだまだ!!!!2点はとれる!!。私は先週だってそれをみたのだ(他人の試合ですけど)。ちょっと、落ち込む空気の中、高木はながれを把握していた。もうこれ以上負ける訳に行かない。向こうだって勝ち点3以上はとれないのだから、攻め体制をとる。ウッチーを呼んで上がらせる。とおもいきや、後半ミスが多くなってきたナカジをかえて、ソンヨン。普段はに逃げ切りの時のキーマンなので、守りのイメージなのだけど、この日は違った。右サイドをどんどん駆け上がるソンヨン。日立台のアウエーの我々の目の前でどんどんいく。すてき!!

柏もメンバーチェンジ。平山out近藤in.どうゆう選手かは不明です(^^;) さらに、高木はサイドを広く使おうと、ルイスをタッキーに。ソンヨンも引かないので、うちは超攻撃体制。そして。

ソンヨンがあげたクロスにアレモン、城、いろんな人が飛び込み、はじかれ、でも、最後意地のアレモンが蹴り込む。ご〜〜〜〜〜〜るるるるるるるるるるる。

こうなるとですね、うふ、追う方の勢いが有利なんですね。2点差って怖いですね。後一点しか差がないんですよ。ぐふふ。

アレモンは高々と天を差しながらセンターサークルにボールを持って走る。
そうです。もう一点。

何かが乗り移ったように、1対1負けません。ですが実は各選手限界。アレモンは後から入ったのにもう足が吊ってるのか、ワンプレー終わると座り込む。怪我明けの足はまだ100%ではないのだろう。もう少し、がんばれ!来週は休みだ.、、、(天皇杯に負けた我々はお休みがあります。ある意味これに集中できる条件であり、負けたら最後。。。。。)

神は来ました。同じく右サイドでキープしたボールを城?シュート。キーパーが前目だったのでゴールにころころ転がるボールをさらにアレモンのだめ押し。ほら、安心できないのよ。2点なんて。アレモンは下に着ていたアンダーに何かプリントしてあってユニ脱いでアピール。おいおい、そんな時間いいから、もう一点取ろうよ。勝とうよ。(^^)/

ここで柏は最後の得点源&チェイサー、キタジを投入。何とフランサにかえてきた。早いね。でもさ、石崎さん、ここは柏。キタジのホームは「国立」ですから。

間もなく90分ロスタイムは3分。(だったかな?)
最後に攻められてる危うい空気のセットプレーにて、ホイッスル。

引き分け。3-3。勝ち点は1。でもね、大きいんですよ。ここはアウエー日立台。
黄色い山のなかで、追いかけて追いついた勝ち点。

うちは、これで、最後まであきらめずに負けない経験を積み、柏は2点差も勝ちきれないトラウマを背負った。

この先の対戦に影響する結果と経過。
うちは休みの後緑チームと、柏は天皇杯後シマシマエンジとの直接。さ〜〜〜あと残すところ5試合。たまらない当事者の緊迫は続きます。

普段、サッカーが好きで、応援チーム以外でも日本でも、海外でも、学生でも、地域でも、面白そうなカードがあればいきたい。でも、何より我が事になれるのが一番楽しい。
8年前。想定外の消滅の当事者になってしまった横浜フリューゲルス。
その「訃報」を知ったのが八年前の本日の夜中。1998年10月28日。当時はインターネットはまだダイアルアップのテレボーダイ時刻のパソコン通信Nifty全盛のころ。

試合後帰宅して、遅くまでチャットしてた時、サッカー仲間からメールが流れてきたのを思い出す。「フリエとマリノスが合併」なんてあるわけないじゃん。ふふん、、とまた夕刊○○とか、なんとかの、ガゼだろう、、と思った。が、出所が日経かなんかののハヤネタだったと思う。それから夜中じゅういろんなサイトを巡った。
次の日、朝刊全紙、合併の文字。
フリエと同じチームとは思ってないけど、それからチームが高速ででき、JFLを経て、こんなに早くJ1昇格争いの楽しいシーズンが来るなんて思っていなかった。正直、生きてるうちにあるとは思わなかった。(昇格と書かないのはトラタヌ避け)

次回ホームは私はいかれません。義理と精進とポジションの理由で。?
でも勝つ事、期待してます。あいては「気持ち」のチームなので、それだったらうちは負けませんから。

人生いろいろあるけどさ、私も頑張るよ。前に進まなきゃ。<をいをい どうした。(^^;)m

« FOOTな週末 2 | Main | 2006 TDW 始まり。 »

けりもの」カテゴリの記事

Comments

こちらでははじめまして。
おかきです。TBありがとうございました。

いやはや。びっくりしたのは、横浜FCが追いついた
事よりも、実は私の席とPIKAさんの席が凄く近かった事です。

私はもう少し内側にいましたよ。
多分写真に私の荷物が映ってますww
お会いできればよかったですが、残念ですね。

次のホームも行ってきます。勝利の為に。

おお〜〜〜。近かったですか!写真を見直しましたが、む〜〜人の頭ばかりで、荷物は、、、。どれだろう。(^^)
横浜FCみてるし、WCではヴォルムスだし、ニアミス多しですね。私はゴール裏とはまた違った声が出てしまう、「野次り」タイプで周辺かなりの勢いて応援してる男ばかりの中で負けずに声かけてる横一列5人の中の一人ででした。三ツ沢ではバックセンターライン付近上段のどこかで声からしてます。おかきさんはいつも写真がクリアで近いのでピッチの中かと思ってました。是非○○の美酒の時は合流しましょう!

次回のホームは行かれません。’(泣)
勝たせてやってください。「気持ち」で。

確証はないですが、1枚目の一番左のトートが
私のカバンぽい気がします。。。

私の写真はあれでも、一眼じゃないんですよ。
普通のパナのコンパクトタイプですよ。
ズームがデジタル合わせて55倍まで行けるので
菅野もしっかり撮れました。
シャッタースピードの問題はあるので、ちょっと
そういうシーンには厳しいですが、FK程度なら
大丈夫みたいです。

私は普段の三ツ沢ではバックの下段中央にいますよ。

こ、これは。。もしかして並びの、、。私の観戦仲間が隣の方を巻き込んで大喜びしてたので。。もしかしたら???

あの状況では、青い人でしたら誰でもハイタッチですよね!

普段もやはり同じくらいの延長線上での観戦なのですね。そう、三ツ沢は真ん中良いんですよね〜〜。
じゃあ、水飲みにきたウッチ−に指示とか出してるのですね。(^^;)
次回も的確な指導を。(^^)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/12464204

Listed below are links to weblogs that reference 第47節 当事者:

» 2006年J2第47節 柏レイソル-横浜FC 「コブシヲニギル」 [カズアマタノツヅリ]
岡田主審の両手が上がり、試合終了のホイッスルが鳴り響いた時、横浜の ゴール裏はまるで勝利したかの様な歓喜に襲われた。昇格を争う相手に 常に先手を許す苦しい試合展開を引き分けで凌ぎ、勝ち点を詰めさせなかった。 だが、そこに辿り着くまでは幾多の困難を乗り切らなけ..... [Read More]

« FOOTな週末 2 | Main | 2006 TDW 始まり。 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ