Recent Trackbacks

« 林、動くな。 | Main | 本日私は札幌にはいません。 »

お茶会終了...ほっ。(2)

今回の収穫追加編。

私は毎回着物を着ていく事が重荷。一度習いに行けばいいのだけど、時間的タイミングがなかなかない。お茶仲間に着付けのうまい方もいるし、お茶の先生も教えてくださるのだけど、お稽古時間すらいけない事が多いので(サッカー削んなさいってのは究極の選択ですな〜)なかなか、、。
というわけで、今回も本を見ながら、、、、。

結局は帯の問題。帯を巻く時に後ろの折れ方が違うと本のように前にたれをまわした時に輪が上下逆になるのは何故?という疑問がずっとあった。だけど、なんとかお茶会は自分で着ないと間に合わないので、悩みは後にして、お茶会の7日前あたりから一日に一度はどんなに忙しくても着る練習を始める。すると、なんとか自分で決めた制限時間内に着る事が出来るようになってくる。体の動きも着物を着るように動けるようになってくる。で、帯をなんとかくくりつけ、現地で先生や、社中に誰かに直してもらい事なきを得る、、という事を繰り返してきた。はじめに1人で着る着物の教本で見た帯結びが袋帯の2重太鼓という難易度高いものにあってしまったこともあり、(たまたまもってる帯がそうだったので)かなり苦労した。

で、今回。親戚からもらった帯のなかで、教本にあり、一人でも結べる袋名古屋帯というのを発見し、持ってる着物にあわせたところなかなかいい取り合わせなので挑戦。日頃お茶仲間から「名古屋はらくよ〜〜」と言われてたけど持ってないので仕方ない、、と思ってたところにぴたり。

はじめから折れ目がある帯なのだけどどうゆう事で便利なのかいまいち理解できない一回目の挑戦。なんて不自然な折れ方。う〜む。

ということで、一度クッションを相手に結んでみる。すると、、いろんな謎が解けて、折りポジション、押さえポジションが見えてきてしまったのだよ。
自分で着た時にどこを押さえるのかが、わかり、やり方はいろいろあるけど仮ひもをもちいて器具も使わず、完成形として着る事に成功。やっと、自分がイメージした帯を結べたのである。只のお太鼓ですけど。あとは自分の体形と帯の長さのバランスを良く考えて何度か修正して完成。綺麗に結ぶコツ、や、他の結び方のポイント等を聞いて進化させて行けば気楽にきられるようになる。そうなればお茶会も怖くないぞ。。という感触までたどり着きました。

ワールドカップ等での浴衣計画でこれまでも浴衣は着てきましたが、浴衣は浴衣、ラフです。暑い時期だったので浴衣でぴったりでしたが、もっと日常で着てみたいのは着物です。粋に。でもこれも、時間もお金も贅沢な事なのですよね〜。

では、先日のお茶会のお会記。覚え書きとして。
Imgp4791_3































Imgp4792_3




























今回の目玉は正客茶碗。
14代覚入さんの作。で白ウワグスリの楽。とてもモダンで今回の話題。ヂヅチグスリと読むそうです。白い楽。みた事ありません。写真はまた。
他のお道具も深いです。

« 林、動くな。 | Main | 本日私は札幌にはいません。 »

日々是戯言 」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/12666023

Listed below are links to weblogs that reference お茶会終了...ほっ。(2):

« 林、動くな。 | Main | 本日私は札幌にはいません。 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ