Recent Trackbacks

« だはは | Main | またも、他人の勝利に貢献!(^^;) »

不思議な時間。

これは一昨日の事です。
森プロジェクトというのが起こり始めていて、私は今年の春先に、下見に行き、なかなか具体的な話にならないまま,年末を迎えて「イベントは3月ね!」といわれて,余りに時間がないなか、焦りまくって企画から始めなければならない状況に、もう一人巻き込み、さらに尾ひれ巻き込み,,,というところで、「とにかく現場をみないと」と誘惑して現地検証に行きました.<ながっ!

場所は新宿からバスで三時間半の長野、伊那の 星の美しい森。
アクースマッティックという採集した音で音楽(?)を編み出して行くというジャンルの音楽家と一緒。夜の森の音をとろう!という事も含めて一泊の行程。
先方には高校時代の同級生が待っている。彼女はそこに家を建て、東京都行き来をしながら「森」を執筆してる作家で、今回の件で私を誘った張本人。

で、結果的には近々のイベントは無くなりましたが(^^;),遠い未来の可能性はあると追う事で、森についてのミーティングを開始。で、いい感じに話が盛り上がってきたところ夜の森へいく!という事になり、懐中電灯を持って長靴をはいてGO.
その日は雨が上がった際際で,森に入る前は星はなく、、なのに、歩いて行くうちに星が瞬きだす。少し開けた場所で上をみると、、、木々の合間に
★★星星★★
細いふわふわの木の枝の先端に星が光って、「ああ、これがクリスマスツリーだ」と思える、至極の瞬間でありました。美しかった〜。こうなっちゃうとかなわないよね。ありがとうございます、って感じです。

夜の森は,声も響くし、空以外は本当に暗転で、重力すらない感じの不思議な空間。酔っていたせいもありますが(^^;) 夢の中の出来事のようでした。

本当は次の日早朝、夜明けの森に入るはずでしたが、予定通り、玉砕。
でも、午前中1時間くらい,森に入り、昨晩との違いを体感。

音、空気、匂い、光。

全く別世界の同じ場所。イベントの趣旨も根本からよく考えないと、場所を育てられない、、という事で、ワークショップ形式の事を積み重ねる方向がいいという事でまとまり。

そして、かなりの幸せな不思議な時間を体感して東京にヒタ戻ったのは1645頃。

さらに我々は,一方はオープンしたての教会のオープニングイベントの録音,一方は、現代トランペットの(^^;)近藤等則さんのコンサートへ。
これも非常に心地よく、空間ホリゾント映像は、じわっと変化して行く不思議な「雪崩」をイメージしたという、秋田道夫さんの作品、照明は海藤春樹さん。

会場環境は音を基準に造られた白寿ホール。

このロケハンは、イメージとともに,耳を非常に磨いだ時間でありました。
眼にはごちそうでしたね〜。

そんな二日間でした、、、。さてと。

« だはは | Main | またも、他人の勝利に貢献!(^^;) »

ひかりもの 」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/13177956

Listed below are links to weblogs that reference 不思議な時間。:

« だはは | Main | またも、他人の勝利に貢献!(^^;) »

September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ