Recent Trackbacks

« ミラネーゼ2007 その2 | Main | 途中ですがお稽古速報 »

ミラネーゼ2007 その3

次の日は午前中なぜか仕事。今回のサローネツアーに出る直前ににしあげて送ったデーターについての返事がメールで来たのでありました。
ま、よくある、、とおいうか、メールのおかげてこうして出かけられるのでありがたい事です。

午後。トルトナ方面。メトロで言うとポルタジェノバという運が方面で、観光的には日曜日には市場が開かれる方面。
スーパースタジオ等があり、今年は日本からDAさんがデザイナーズウイークチョイスを大々的に持ってきてる。

最終目的をそこにしながら、メトロ方面からじわじわ視察開始。
この辺一帯、とても展覧会机上が目白押しで、忙しい人はRHO FIERAとここで終了の計画をしても、ほぼ、いいところは押さえられる地域。

若者の作品が比較的多く、また、プレスセンター等もあるので活気あふれている。
でも本当に展示場所のセレクトってのが大事であり、面白くて、意外に入り組んだ奥の方に面白いものがひっそり構えてたりする。

そんな風に嗅覚に任せて歩いてると時間がどんどん足りなのだけど。

チョビット覚え書き。
Imgp0099 SELETTIの展示
これはディスプレイですが、紙コップや、神皿等をかたどって瀬戸物や陶器で造りその食器で奥で食事が出来ます。バイキングで美味しかったけど、高かったです(^^;)
Imgp0096








Imgp0107_1 良ーく見るとベネチアならではの処理ですな〜。
ガラスのSカン





Imgp0126 こうゆう事こそイタリアって感じで好きです。






Imgp0131 これ、夜に見たかったですな。
特に変化はないかな?
点滴にて植物に水あげてます。




073 前後しますが日本代表?レクサスさん。
ちょっと私はいろいろな意味で???でありました。
祭りのあと?




Imgp0163 これは事情によりどこかは言いませぬ。
例年より大きな会場での沢山のデザイナーさんの作品が並びましたが、どれもデコラティブなもの。

ファーストインプレッションといいますか、4年前にみた、ボンチェさんの作品が一番私は好きであります。<謎

Imgp0182 大きなキノコちゃん。(^^;)

このスケールアウト感、たまりません。




Imgp0207 で、こ。これは、、そうです。
ここはBALSさんの展示会場。既にス-パースタジオ内。





Imgp0217 卵を持った白くてセンターラインを引いたお姉さんが青い廊下をゆっくり行き来するパフォーマンス。





Imgp0218 ここにたどり着いて
また戻って行くようです。





Imgp0222 意外に好きなんですが、帰国後見せた方が大笑いしてました。はて?





Imgp0227 ソシテココは東京会場です。







次の日トルトナはトルトナナイトとか言いまして24時まで
展示&お祭り。ものすごいにぎわいだったそうです。














   



   
























« ミラネーゼ2007 その2 | Main | 途中ですがお稽古速報 »

ひかりもの 」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/14908106

Listed below are links to weblogs that reference ミラネーゼ2007 その3:

« ミラネーゼ2007 その2 | Main | 途中ですがお稽古速報 »

September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ