Recent Trackbacks

« その前に旅人の試合 | Main | 滝行 »

良いサッカーが勝利者となりました!

まあドラマあり過ぎです。
EURO2008.
今朝程行われた決勝、ドイツVSスペイン。
予選をなんとかくぐってきたドイツは決勝トーナメントで別物。
おいおい!と言いたくなる程変化して、高さと、パワーと速さとウマさで決勝まできました。
対するスペインは、もう何十年と言われてきた言葉「無敵艦隊」ぶりを発揮し、予選無敗で邁進。

イタリア戦は危うくのPKがありましたが、そこを乗り越え決勝にたどり着きました。44年ぶりの決勝進出とのこと。4年に一回だから11大会前に一度優勝してるそうです。すっげーな〜。44年前ってさ、東京オリンピックとかの頃よ。
だからほとんどのスペイン人は記憶の中に優勝は無い。

いつも帽子をかぶって太鼓たたいてるおじさん(ドイツワールドカップにももちろん来てまして、とっても人気者でした。灼熱のスタジアムで試合もぐったりまったりの中、皆さんの意識はむしろその方)も、40年前からだからということなんで、優勝のときそこにはいなかったそうで。すごいね〜。良かったね〜

イタリア戦の時のワッンタッチボール回しもすごいな〜と思いましたが、あのドイツに、闘牛士魂と言うんですかね、向かっていく闘志をものすごく感じましたよ。
決勝の唯一の得点者フェルナンドトーレスだって、あの優しいイケメンからは想像できないアグレッシブな突破。
シャビからでしたっけ?美しいサイドのパスに止まらずにボールを受け、ワンタッチでキーパーが触るより速く、アウト気味にカーブをかけて振り抜き、自分はキーパーをジャンプでよける。美しい!。

このチームは、勝つべきして勝ったという決定的瞬間でした。
一方ドイツだって、最後の最後まで、ゲルマン魂で一歩も引きません。
先制されてるので、高さをさらに高く、まあ、言ってみれば縦ポン気味ですけど、
怖い縦ポンを繰り返す終盤。

日本がどんなに頑張っても入れないEUROは それそれはスペクタクルでした。

しかも。スペンン選手はまだ若く、オリンピック世代目白押し。
そんななか、もう〜ドラマあり過ぎのエピソードが。
優勝を祝ってるセルヒオ ラモスは一人Tシャツ。16番に顔写真。
誰かな〜と気になってたら、解説の方が。
「セビリアのカンテラ時代に同期だったアントニオ プエルタのシャツを着てますね」
あ〜〜。涙。
詳しくは知らないんですけど、セビリアで昨年急死した選手と記憶してます。
私は対抗馬のベティス経由で知ったのですが、当時、チーム隔てなく、スペイン全土が涙した出来事でした。

同期だったのね。セルヒオ ラモス。
一人、そんな彼をしょって、このピッチに立ったんだと思おうと、なんだかもう、、。

スペインはいくつかの国に分かれています。言葉も違うし、民族も違う。それぞれが一緒にするなと言います。

だから、スペイン代表なんて、関係ないという声も大きい中、今日の勝利はなんだか、民族を超えた とても、良い祝祭につながるような気がします。

民族を超えた、代表の44年ぶりの優勝。ドラマあり過ぎです。
しかしこの凱旋祝は、バルセロナでやるのだろうか、マドリッドでやるのだろうか?

代表にバルサの選手が多いから、バルサかな?
なんて事間で楽しみな閉幕。

終わっちゃいましたEURO
やっと平和な日々に戻れます。ちょっと寂しい気もしますが。soccer



« その前に旅人の試合 | Main | 滝行 »

けりもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/41695918

Listed below are links to weblogs that reference 良いサッカーが勝利者となりました!:

« その前に旅人の試合 | Main | 滝行 »

September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ