Recent Trackbacks

« 瀬戸内へGO! | Main | 瀬戸内へGO 直島 »

瀬戸内へGO 男木島 小豆島

実は。
前日入りしたにもかかわらず、八時のフェリーに乗れなかったので(しかも寝坊という不可抗力ではなく。全くの思い違いというアホ)高松で2時間のランデブ〜(?)
おかげさまで椿さんの作品がゆっくり見られて、朝ご飯も食べられて。ご機嫌でした<嘘

2時間遅れで出航し、離れた方の男木島へ。航路は女木島、男木島といくので、まあ、船の窓からも、カモメの駐車場や、ピアノの船<何の事かわからんでしょう?ぐふふ はみる事ができました。

そして男木島上陸。
「男木島の魂」が出迎える港は斜面に家がびっしり張り付く急な地形。距離感知識の無い初日な我々は、ガイドを便りに左回り(なんとなく)に動きだす。

以外に近場にある団扇のホネで侵略された家はとても綺麗で、その窓から見える瀬戸内がいい景色。のっけから、すごいを連発。そこを終わると、配管作品が始まり、細く急な坂、人しか歩く事ができない道をブルーと白のアルゼンチンな旗を便りに歩いていく。オリエンテーリングだ。

どんどん高度が上がった先に、家々があり、作品が待っている。人がいてハンコをもらえる所は300円。
単品だとやや高い感じだけど、パスポートだとその後の予定を考えるとかなりお得。

蒸し暑さと灼熱の太陽はナカナカの攻撃だけど、時折吹く風が、東京都は違って涼しく、気分がいい。
でも首にタオル、サングラス帽子は欠かせない。死ぬぞ。

ここは一カ所を残してコンプリート。
生理的に駄目な作品もあったけど、それもバリエーション。現代アートは何でもあり?
上のほうに展示されてた、高橋治希さんの作品と、松本秋則さんの作品は対照的に景色を取り込んだ作品と、クローズ空間の作品。大好き。やられました。私弱いねこうゆうのに。
また、 中西中井(お笑い芸人みたい)作品は、下に目がいきがちですが、ちょっと登って振り返ると、むちゃくちゃ素敵な小さな綱渡り。幸せ。

井村隆さんのカラクリンは、実はでっかいものだと思っていたので、意外。窓辺に風鈴みたいにカラカラとうごいてるもの。涼しげ。

そうこう一周してるうちに船出迄あと30分。昼食は?そこで素敵なのは、高松のファーストフード、「うどん」待ち時間もなく、冷たく、ツルッと男木島の魂の空調の利いた(シースルーでちょっと暑いけど)中で食せるのはとても時短。こうゆうイベントを巡るとき、食事の待ち時間とか程予定に組みにくいものはないので、ありがたい食料補給。しかも美味しい300円!おばちゃんも慣れた手つきでてきぱき。

予定の時間に船に乗り一旦高松に戻って荷物を持ちそして小豆島へ。
この時点ではまだまだ朝一の船に乗れなかった後悔を引きずりつつ、高速フェリーのる。つまり女木島をスキップです。

小豆島ではレンタカーを予約していて、P事情気にはなったが、これは大正解。
ポイントポイントで車を止めて作品を見る手段は我々ネーサンの世代にはMUSTでした。

徒歩1時間程の田んぼ道の中に点在する作品は面白く、くつろげたり、演奏会があったり。
でも、ちょっと、罠とも思える作品もあり、炎天下の中、たどり着いて「これかよ」というものもあったですが、おこらない、おこらない。期待するのは勝手なこっちのことです。何を期待してるのだ?

でもこのばかばかしさ(すみませぬ)が意外に好きで、イベントが熟れてくると、そういうアートは日陰にこもり、一般受けする、評論家がよしとした、許容範囲の売れ筋ばかりが並ぶようになっていくのです。好き嫌い別にしてつまんなくなる。

なあんていいつつ、受け入れる余裕が無くなる程の灼熱。体力と相談していく所はいき、辞める所は辞めましょう。

盛りだくさんな一日目はこれで終わり。
なんと、この日の午後迄にとった写真、ファイルが壊れてしまい、みる事ができません。
小豆島の途中からだけ、、、まあ、みたものは心のメモリーに焼き付いてるから大丈夫ですけどね。

宿泊は小豆島。夕日のエンジェルロードをみて、夕食にGOです。
詳しくはお問い合わせください<嘘。

« 瀬戸内へGO! | Main | 瀬戸内へGO 直島 »

旅行・地域 」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14700/49406985

Listed below are links to weblogs that reference 瀬戸内へGO 男木島 小豆島:

« 瀬戸内へGO! | Main | 瀬戸内へGO 直島 »

September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ